それもこれもはなのせい

平日は毎朝満員電車で

できるだけコンパクトにまとめたつもりの髪は

男の人のスーツでゴシゴシとこすられ、

新しい挑戦のつもりで買ったいつもより高いヒールは

出してすぐに三回も踵を踏まれ、

少しだけでも気分をよくしようと着た服は朝から汗でぐっしょりしている。

 

やだなぁ。

 

職場に着いて昨日も一昨日も修正した資料を修正する。

ミーティングでは合意した、あるいは方向性の一致を確認できたはずが

個別に電話で彼らがやらないことについて延々と聞かされる。

新しいことがしたい、と言う人は他人の何かに頼りきっているのに

まるで自分でそれを決めたと思えるように話を進めていく。

 

あぁ、いやだ。

 

嫌われることの少ないコンサバ風な服をなんとなく着続けて

忠臣蔵のようなワイドパンツを見えていないかのようにやりすごし

カラフルであたたかなフェイクファーをこっそり触って

繊細なレースのブラウスを至近距離で見つめたら

ぼんやり混雑する電車に乗る。

立っていれば隣の乗客の身体の揺れを支え、

座っていれば隣の席の男が足を組み、その肩に圧迫される。

 

ほんとにほんとに、いやだ。

 

コンビニで小さなサラダとサンドイッチを買ったら

いつの間にかダウンロードしていたお気に入りの曲をかけて

少し泣きながら何が気に入らないのかなぁ、と思う。

 

こんな毎日がいやだ。

イノベーションに憧れ続けるルーチンワールドの住人がいやだ。

起きたことを知りたいのにキャスターの感想文を聞かされるテレビのニュースもいやだ。

 

なによりやっぱり、こんな自分がいやだ。

いつまでも思春期のようなことを思って、

どうありたいかを自分に問う。

 

あぁそうか、あまったれて生きていたいんだな。

耳鼻科でもらったアレルギー用の目薬が舌の上に痺れるのを感じながら

むかし耳鼻科のおじいちゃんが

「鼻が通るようになったらスッキリしてモヤがとれて、もっと頭良くなる」と言っていたのを思い出す。

 

鼻は万年つまっていて、

世界はずっとつまんない。

これはたぶん鼻のせいだ。

 

ぼんやりと持ち上がるなにか

このあいだひさしぶりにある人をみかけて

かつてのその人とは核が変わっていないのに

その出し方はもっとずっと洗練されていて

美、というかんじではないのに

すごく美しいとおもった

 

それを思いながら歩くきょうは

何かがむき出しになっていて

気に入らないことが山ほどあって

このまんまだとよくないなとおもいながら

きょうのようでなくなるなら

それはもっとよくないとおもえている

ハロウィンの前はモノが増えて世界が広がる

秋に便乗してうかれ話を。

わたしはハロウィンが大好きだ。

 

もともと、なにかくだらないものをイメージして

それを不器用に仕上げる工程が好きで仕方ない。

(うまくできないのは途中で飽きるとか失敗したらやめるとか

最初のプランが魔法なしには無理であるとかのちょっぴり残念な性格のせいだ。)

 

そこに自分の体を入れて町を歩いていいというのだ。

昔から魔法の国に生まれなかったことを本気めで呪っていたわたしに

思春期ドラァグクイーンに憧れたわたしに

普段はつれない世の中が思いっきり歩み寄ってくれる、それがハロウィン。

 

シェイクスピアの「きれいはきたない、きたないはきれい」に思いを馳せながら

どっちなんだかわからない仮装のアイデアに悩む日々。

自分という現実のパーツと、時間という現実のルールの中、

あちこちから少しずつ夢の材料をあつめて、

わたしだけの夢を形にしていく。

これがハロウィン。

 

諸事情でわたしのハロウィンは少し前倒しになるけど

一年を一念に込めてしっかり味わいたい。

自分とのディープキスのような、おそろしくておぞましくて最高のハロウィンを。

 

みんなさまにもいいハロウィンがきますように🎃

 

 

ちなみに、わたしがお気に入りにしているのはVFTQというお店で、

夏くらいから新作を楽しみにサイトを覗いている

 

もっと英語がちゃんと読めたら外国のAmazonとか

コスチューム屋さんで買えるのになぁ

 

今年これがネックで諦めたのはくるみ割り人形だよ

あのドレスとか兵隊さんぽいお洋服かわいいすぎる

時間が無駄になる要因と対策

時間を無駄にしている、してしまったと強く感じる。

今回はそれについて軽く記しておこうと思う。

 

なぜ、時間はなくなるのか。

これについていきなり答えは出ない。

直感的にわかるようなことは直感的に防げるのではないかとも思える。

 

では少し問いを変えてみよう。

なぜ、時間がなくなったと感じるのか。

それは情熱大陸のせいである。

(ガイアの夜明けでも構わない。人によっては深イイ話かもしれない、違う気もするが。)

彼らの達成したことをまざまざと見せつけられながら

そのために費やしたと思しき時期を示されたとき

オヤ、と感じてしまうのである。

自分、何してたんスか。

恐ろしいことに、何もしていない。

いや、何かはしている。

例えば、寝ている。食事もしているし、入浴もしている。

あれ、仕事のようなこともしている。

そういえば、携帯のゲームもしているし、Twitterをひたすら検索したりInstagramをあてもなくさ迷ったりしている。

それぞれにたぶん意味があって、それらをしているのだ。

 

では何もしていないと思う気持ちはどこから来るのか。

それは言い換えれば、達成するべきことに向けた何かを何もしていないという気持ちなのだ。

 

そこでクスクス笑いながら自分に問う。

達成するべきと思っていることは何ですか。

クスクスついでに次の質問は流れるように思いつく。

で、それを、いつまでにやりますか。

 

決めなければいけない。

自然にあてもなく偉業を達成するタイプではないのだから。

 

えぇと、10月末までに、3kg痩せたいと思います。

現実、2kgでも減らせればありがたい。

……なんて言い方に、まだ誰がやるかわかっていない感じが出ているが。

はじめまして

毎日けっこうな頻度と長さで

無駄なことを考えております。

内容によっては数ヶ月テーマとして存在し続けるものもあり

そのまとめがまた数年後に変わることもあり。

せっかくなのでまとめたら記録しようと思います。

自分の備忘録としてですが、もし誰かに見ていただいて

その誰かのなにかに、きっかけにでもなれば

これほどうれしいことはないです。

へんなの。