ずっとずっと好き、が変わるとき

既に20年ほど好きだったアーティストがいるのだけど、

過去形にしているあたりこれはもうほぼ確実なのだろうけど、

最近すっかり興味が薄れてしまった。

 

興味が薄れてしまった。すっかり。

 

こんなに明確に興味が薄れたことがなかったので

正直なところ不安のような、

何か間違いではないかという気もするような、

なんともいえない気持ちである。

 

過去にもいくらか興味が薄れたことがあった。

クラプトンを初めて生で見た直後。

既に解散したロックンロールバンドが最後に来日した後。

 

今回もほぼそのような(お察しいただける範囲の)きっかけで

だがしかしこれまでと異なるのが

それは一緒に楽しめる友人がいることとか

それによってか、今まで好きだったものに

すっかり興味が

すっかり興味がなくなった……気がするところである。

 

そして、実はこれ以外にも、

子供の頃から好きだったものについても

同様に興味が急になくなった気配がある。

こちらは少し前から兆しはあったけど。

 

そう言ってしまえば、20年の方も少し前から兆しはあったのだ。

楽しまないと勿体ない、と思いこむという、半分セルフ発電で約1年耐えたことは認めざるを得ない。

 

また大きく違うのが、家にあるそれらのコレクションを

今、ナウ、どうにかしてしまいたい気持ちが強いということ。

嫌いなわけではないが、無駄に思えて仕方がないのだ。

 

なんだろう、この気持ちは。

そして今熱を上げているものにもそのときが来るのか。

 

この切り替えは、家族や親しい友人に対して起きないことだと言い切れるのか。

 

次が見つかったこと以上に、

離れたいと思うことが不思議でたまらないが、

たぶんそれは自分が成長したせいだということは

もはや認めないわけにはいかない。

 

年末に職場で強制身辺整理させられたせいかな。。。

あればとてもポジティブで、初めての良い経験だった。

 

自分として今後の展開に興味があるので、記録しておく。